不感症

オーガズムに達するために

オーガズム

不感症には、三つの症状があり男性にも起こることのある病気です。
性嫌悪障害、性興奮障害、オーガズム障害があり、このうち性嫌悪症は男性にも起こる可能性があり、性行為の失敗や両親からの寵愛、性に対しての考え方(教育)あるいはレイプや近親相姦などの性的暴力などが起因してトラウマになることや本人もわからない心の奥底でひっかかっていることで、2人で密室にいることを嫌がってしまったり、汚いことと考えてしまうようになります。
また性興奮障害やオーガズム障害は、快感を感じることや興奮する方法を知らないために本人の未熟さから膣に潤いをもたせることができず乾いた状態になっているため性行為に痛みを伴ったり、絶頂に達してしまい自分の理性を失いたくないために理性を保とうとしたり、妊娠に対する恐怖、男性に身を任せることができないために絶頂を迎えることができないなど症状があります。
性行為で満足感を得ることが難しくなってしまい、楽しむことができなくなるため治療が必要になり、現在では女性用バイアグラと言われているラブグラという薬があります。
女性用バイアグラのラブグラとは、全身の血行を良くすることで、膣や外陰部への血流の供給量を増やすことで感度を高め、膣を濡らしてくれ潤いをもたらすことができる薬になります。
また絶頂に達しやすくしてくれるため女性が性行為で性欲を満たすことができるようになります。
成分が男性用のバイアグラと同一のシルデナフィルを使用しているため、不感症の症状に対して高い効果を期待できます。
副作用も同じであり、顔面紅潮、ほてり、頭痛などの特徴的な症状が現れますが、重い症状ではなく血管を一時的に拡張したことで起こるものなので必要以上に心配をする必要はありません。
また血圧が低下するため、めまいやふらつきなどが見られることがあるので服用後の車の運転などは控えなければなりません。
快感に溢れた気持ちいい性行為ができるようになるためにも使用をお勧めします。