不感症

女性特有の症状

女性特有の症状

稀に男性にも起こる症状の1つですが、発症する殆どの方が女性といってもいい女性特有の症状であり、性欲を充足することが出来ず気持ちを満たすことが出来ない不感症というものがあります。
不感症とは、幾つかに分けることができ、もっとも代表的な症状としてオーガズム障害というのがあり、性行為中に快感のピークであるオーガズムを迎えることが出来なくなり、男性でいえば全く射精が出来ないような状態です。
女性が男性に対して心を許していないために信頼できていないことや、性行為に罪悪感を感じてしまったり、自制心を維持しようとしてしまい理性を失うことを恐れているなどの心に問題が起こるために絶頂をむかえることが出来なくなってしまいます。
他には性嫌悪症と言われる男性にも起こる可能性があるもので、両親から受けた性的な虐待あるいは近親相姦、性に対しての間違った教育などの生育環境の影響、レイプや強姦などの性犯罪に巻き込まれ心に深い傷を負ってしまったことなど過去のことがトラウマにってしまい起こり、手をつないだり、腕を組むなど体に触れるあるいは触れられることは嫌なことではなく、密室で2人きりになることを嫌い性行為を恐れてしまいます。
心の深いところに傷を負ってしまっているため、改善のためには多くの時間を要してしまうためパートナーの協力も欠かすことが出来ません。
また経験が不足していることなどから起こると考えられている性興奮障害があります。
気持ち良いと感じる方法や快感、高揚感などを得る方法が分からず、性行為を気持ち良いものと思えず、膣や外陰部が濡れなく乾いた状態になってしまうため、挿入が困難になることや痛みを感じ、また男性のピストン運動で膣が渇いていることで摩擦が激しくなり痛いと感じてしまうようになります。
これらの殆どが心に原因や問題を抱えているために起こるため、薬による薬物療法ではなく、専門医による心のケアやその人にとって何が原因になっているかを知ることで治療を進めていきます。
相手の理解も非常に重要となるので、時間をかけてでも理解出来るようにしていきましょう。